2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 地域づくりは儲かりますか | トップページ | 竹迫初市 »

2013年3月 2日 (土)

未来へ

合志市1300年の歴史・事業と銘打って行われた
ヴィーブル子ども劇団第12回公演
「未来へ~合志白へび伝説より~」を鑑賞。

学習発表会の趣きとはいえ、
それがこども劇団の目的の一つでもあろう。
生涯学習のはじまりだ。

パンフレットによると、
脚本・演出の鈴木龍男さんは、
合志市総合センターヴィーブルにある歴史資料館で、
周辺の歴史や言い伝え、伝説などを調べたそうだ。
そしてこの過去から未来へつながるファンタジーを
紡ぎ出したとのこと。

また第2部では「KMS35」というチームと子ども劇団で
AAAの「MUSIC!!!」のダンスも。
KMS35というのは、合志南小学校で年に一回行われる
「南小フェスティバルふれあい体験」という
住民ボランティアによるアクティビティ。
積極的参加実習型の文化祭みたいなもの。
コミュニティスクールという呼び方もあるようだが、
そこでの体験がもとになって結成されたらしい。

振付の川又真理子さんは同じくパンフにこう書いている。


「ダンスが学校教育に取り入れられたものの、
指導する人材やメソッドの不足する中、
卒業生が教えるというのは、とても素敵なことだと思います」


卒業生というのは子ども劇団を卒業した卒団生のこと。
今回も友情出演や裏方などで活躍してくれた。

明日は午後1時から、
弁天太鼓、須屋太鼓、ちょんかけ独楽の発表に引き続き、
午後2時15分から、子ども劇団の「未来へ」が上演されます。
リンク 

Photo

ヴィーブルを出た後、
花のかおりに振り返ると・・・













« 地域づくりは儲かりますか | トップページ | 竹迫初市 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/56873316

この記事へのトラックバック一覧です: 未来へ:

« 地域づくりは儲かりますか | トップページ | 竹迫初市 »