2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 道州制の可能性と限界 | トップページ | Now Plough »

2013年2月24日 (日)

まちじゅう図書館

予算規模の大きい都市にしかできないこともあれば、
小さい町だからできることもある。
いや、小さい町にしかできないと言うべきかもしれない。
そして小さい町では特に、
その町のトップ、

首長にどれだけ先進性があるかにすべてかかっている。

昨年の12月16日の熊日読書欄に
長野県小布施町立図書館での→リンク 
街角図書館の試みについての記事があった。
世の中を照らしだす場、
小布施から世界を照らそうという意味を持たせ、
「まちとしょテラソ」という愛称で呼ばれている。
そのテラソ前館長 花井裕一郎さんが書いている。

その最も新しい試みが昨年10月から始まった「まちじゅう図書館」だ。
小さな町の小さな図書館だから、町全てを図書館に見立て、
自宅や店のちょっとしたスペースに本棚を置き、
 街角に「本がある」ことを通じ、
 人と人がつながっていくことを目指している。


かなり前のことだけれど、
近くの図書館を自分の本棚と思えば
自宅に蔵書を置くことの意義を見直すきっかけになるという
誰かの意見をどこかで読んで、
私は改めて図書館を利用するようになった。

小さい町だからできること、である。
しかし大都市であっても、
自分の徒歩移動生活圏内のまちを基礎として
できることである。

北九州には、図書室アーカイブがある。→リンク

 図書室アーカイブは本屋でもなく、古本屋でもなく、
 図書館でもない、スペースです。

 魚町・小倉・北九州の歴史・文化関連の資料書籍と
 美術・建築・デザインをはじめとしたものづくり関連書籍の図書室です。

 
ブックストックとして、
 これらの書籍を季節がわりで紹介しながら、
 入居者と、この街の人たちのために、「集える場所」を提供します。 

« 道州制の可能性と限界 | トップページ | Now Plough »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/56828719

この記事へのトラックバック一覧です: まちじゅう図書館:

« 道州制の可能性と限界 | トップページ | Now Plough »