2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« たどり着いたら伊丹万作 | トップページ | 全員協議会 »

2013年2月20日 (水)

保護司会定例研修会

菊池市泗水公民館にて。

インシデント・プロセス法による事例研究。
実際の保護観察の場面において発生する問題や困難な事態に、
できる限り適切に対処・解決していけるよう、
技能を学び、養うことを目的として行われた。

第1段階 実際にあったインシデント(発生した問題と言うべきか)
が提示される。

第2段階 事例発表者が参加者の質問に答える。
保護観察対象者に関する具体的な情報やこれまでの経緯などから、
背景となっている事実を集め取りまとめる。

第3段階 グループで当面の問題点をしぼり込む。

第4段階 問題に対する措置を考え、その理由を話し合う。
その後グループごとに発表する。

第5段階 全体での検討。望ましい措置や調整すべき点など。

最後に行うべき参加者としての教訓や学びの共有は
時間の都合でできなかったけれど、
私としても自分の担当する事件について、
心構えの部分でとても役立つ研修だった。

ちなみに、インシデント・プロセス法は、
いろいろな所で用いられているようだ。


« たどり着いたら伊丹万作 | トップページ | 全員協議会 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/56806074

この記事へのトラックバック一覧です: 保護司会定例研修会:

« たどり着いたら伊丹万作 | トップページ | 全員協議会 »