2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 就任10年(過ぎて) | トップページ | 縦横無尽 »

2013年2月14日 (木)

青葉繁れる

2月13日 水曜日

西合志図書館集会室で読書講座。
講師は俳誌「霏霏(ひひ)」主宰の星永文夫さん。
前々からやってることは知っていたが、
今年度第3回目にして初めて参加した。
時間に余裕があれば、これほど
心が豊かになるひとときを持てることの仕合せは
他になかなかないことだ。

井上ひさし原作『青葉繁れる』の粗筋や時代背景などを
解説したあと、先生が一部を朗読するという趣向。
抗アレルギー薬のせいもあってか、
私は何度もあくびをしてしまいました。すみません。
でも、「郷愁の昭和~その青春たち~」のテーマに
夢見心地で浸かることができました。

高校教師を40年勤めていたということは、
小さな箱とはいえ、ミュージシャンにたとえれば
40年間ライブを続けたというぐらいの意味がある。

その時代その時代で
青春を描いた作品は存在する。
それは現在でも同じことだ。
戦後、映画『青い山脈』で、
主人公たちが自転車に乗って行くシーンを見たとき、
その自由を謳歌するイメージに星永さんは心奪われた。
「(そのどれもがそれぞれに)
その時代の青春を背負っている」と最後に言われた。

東宝は草刈正雄主演で、
この『青葉繁れる』を作っている。
高校生のとき見た記憶があるんだが、
調べてみると岡本喜八監督作品である。
それなのに、映像ソフトにはなっていないのか、
検索に引っかかりもしない。


« 就任10年(過ぎて) | トップページ | 縦横無尽 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/56759271

この記事へのトラックバック一覧です: 青葉繁れる:

« 就任10年(過ぎて) | トップページ | 縦横無尽 »