2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 創作ノート | トップページ | メイド・イン・ヘヴン »

2012年10月10日 (水)

キャンノットキャノン

8月18日の熊日夕刊「現論」というコーナー。
キャノン会長兼社長CEO御手洗冨士夫氏が
「投資型の成長戦略打ち出せ」という文章を寄せている。

消費税が上がれば、個人消費を冷やし、景気の悪化要因となる。
そこで、現在の5%の消費税から社会保障費に充てていた
年間数兆円の財源を公共事業費にかえ、
全国的な高速道路網や新幹線路線の整備に充てるべきだ。
国際ハブ(拠点)となる空港や港湾の拡充も優先課題となる。


書きだしは「断固たる円高是正を」から始まる。
私は氏が日本経団連の会長だった頃から、
立場から言ってるとはいえその意見に疑問を持っていた。
それが正しかったと後世証明されることもあるやもしれぬ。
しかし、これまで結果的に借金を増やし続けてきた公共事業だ。
インフラの整備ができたことは否定しないが、
「長期的に経済活動を活発にするインフラ整備を選んで
重点投資することが求められる」なんて、あなた
そんな選択の余地がいまの日本にあると思うか。

「今後少子高齢化や人口の減少が続く」と
御手洗氏自身も書いている。
これまでのような景気対策に疑問を持たないことが
本当に不思議でならない。


« 創作ノート | トップページ | メイド・イン・ヘヴン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/55856188

この記事へのトラックバック一覧です: キャンノットキャノン:

« 創作ノート | トップページ | メイド・イン・ヘヴン »