2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 死生学について | トップページ | リメイク・リモデル »

2012年9月 5日 (水)

ゆるキャラ・クロニクル

7月11日の熊日によると
「柳ケ瀬ブルース」で有名な岐阜・柳ケ瀬商店街の
ゆるキャラ「やなな」が、来年3月末引退すると、
記者会見したそうだ。

寡聞にして、この引退会見の記事で
この「やなな」のことを知った。

Images

ちなみに、このPLAYBOYのパロディで思い出したのは
その昔、「ビックリハウスSuper」でやった、
いろんな雑誌のパロディ特集のこと。
そこに「ニューミュージックマーガリン」が掲載されていた。
それはもちろん、「ニューミュージックマガジン」
(現在「ミュージックマガジン」)のもじりである。
その号の特集が、
「マーガリンにとってバターの存在とは」だったと思う。

パロディというと、それをいつも思い出す。
言うならば、パロディの鑑である。

ときにこの「世界で最も美しい段ボール」は、
TVドラマ「ツインピークス」の「世界で最も美しい死体」
のもじりではないかと思われる。

アーケードを模した段ボール箱をかぶり、
首から下はカジュアルドレス姿。製作費は1万円だと。

ゆるキャラ業界も過当競争で
全国区で活躍できるには、相当な営業努力と同時に、
運にも左右されるのではないか。

いずれにせよ、この引退会見は
最後に仕掛けた一発大逆転なのかもしれない。
そうでなかったら、
その潔さから、ゆるキャラ史上に名を残す可能性はある。







« 死生学について | トップページ | リメイク・リモデル »

ワールド・CM・ナウ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/55589255

この記事へのトラックバック一覧です: ゆるキャラ・クロニクル:

« 死生学について | トップページ | リメイク・リモデル »