2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 起こり得ること | トップページ | 歯の治療を受けながら »

2012年5月14日 (月)

人材を育てる

4月6日の熊日。
「地域再生Ⅲ次代へつなぐ」という連載、
「高崎経済大副学長 大宮登氏に聞く」にこうある。

「地域づくりは人づくりだ。
そのためには、大学も、地域の自治体や企業と
連携し人材を育てることが必要となっている。
今の学生をみていて、
足りないと痛感するのは現場感覚であり、
社会の中で協働する場だろう」

これは、大学側から見た話だが、
地域の自治体や企業から考える話でもある。
大学との連携というと、
その学術的な先端情報を他より先に
手に入れるということに目が向きがちだが、
人材を育てる、あるいは学生の柔軟な発想を
取り入れるなどの要素もあるのではなかろうか。

合志市においては、
コミュニティバスのラッピングにおいて、
崇城大学の学生によるコンペを実施し、
住民参加の投票でデザインを決定した。
これはわかりやすい協働の事例であった。

しかし、そのあとに何かあったか。
思い出せない。

よほど日常のルーティンワークに追われているのだろう。



« 起こり得ること | トップページ | 歯の治療を受けながら »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54708930

この記事へのトラックバック一覧です: 人材を育てる:

« 起こり得ること | トップページ | 歯の治療を受けながら »