2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 可徳乾三 | トップページ | TPP交渉の失速 »

2012年5月17日 (木)

TPP交渉 年内妥結断念

今日の熊日夕刊に
「TPP交渉 年内妥結断念」の記事。

「交渉参加を検討している日本に対し、
協定づくりへの関与の必要性を理由に
早急な決定を求める声が出ているが、
今回の目標断念により、
日本が関与できる余地はなお残された形となった」

年内妥結を断念したことで、
時間的な余裕ができて、日本が関与できる余地が
残されたことはわかるが、
「協定づくりへの関与の必要性を理由に」の部分がわからない。
早急な決定が交渉参加国から求められているのなら、
なんと思いやりのある国々であろう。
日本が協定づくりに関与することが、
必要だということは、
ある程度日本の言い分を聞きますよということだろうか。

わからん。
このエントリーを読んだ人も
わからんと言うと思うけど。

つまり、
協定づくりに参加したかったら、
早く交渉参加を決めろということか。

解説の結びは、
「米政府は日本の譲歩を待つ姿勢を崩さず、
妥結時期の先送りで日本の参加承認に
一段と時間をかける可能性もありそうだ」

ほら、やっぱり譲歩が求められているということか。
でも「関与できる余地はなお残された」と矛盾してないか。

わからん。








« 可徳乾三 | トップページ | TPP交渉の失速 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54734822

この記事へのトラックバック一覧です: TPP交渉 年内妥結断念:

« 可徳乾三 | トップページ | TPP交渉の失速 »