2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 全員協議会 | トップページ | 読み返す »

2012年5月11日 (金)

夏が来るたび

クールビズについては、
私は最初から批判的だった。
これは、2007年6月の記事→リンク

なぜかと言うと、エアコンの設定温度を上げることによって、
電力消費を抑え、二酸化炭素発生を削減して、
そのことによって地球温暖化を防止しようというのが、
発端だったにもかかわらず、
ネクタイを外せば「クールビズ」という認識が定着し、
初年度なんか、それで新しいファッション需要が開拓されて、
経済効果というおまけまでついてきたと評価された。

それでいいのか、と私は夏が来るたび思い出す。

誰が書いていたのか忘れたが、
白いワイシャツのネクタイを外しただけでは、
健康診断の順番待ちか、
何か悪いことをして連行される人みたいにしか見えない。
とまさに的確に表現していた。
しかし、衣装というのは見る人の慣れの問題でもある。
私はクールビズ・ビー・ボタンダウンとか、
そういう横並びが嫌いなので、
何か悪いことをして連行される人、でもいいや。
と思うのだ。
真夏には、息子のおさがりの開襟シャツを着たりするし。




« 全員協議会 | トップページ | 読み返す »

リサイクル野郎!」カテゴリの記事

コメント

意味がよく分かりません。

クールビズの本質を考えようということですが、
確かにこれでは、意味わかりませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54686154

この記事へのトラックバック一覧です: 夏が来るたび:

« 全員協議会 | トップページ | 読み返す »