2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 定例会終わる | トップページ | 南小卒業式とテープ起し »

2012年3月23日 (金)

カーネーション

NHKの連続テレビドラマ「カーネーション」のヒロインが、
尾野真千子から、夏木マリに替わったことについては、
あまり評判がよろしくないようだ。
3月分の放送自体を蛇足と見る向きもある。
しかし私はそうは思わない。

ヒロイン糸子が時代に翻弄されながらも
女性として、服飾の道を切り開くとともに、
3人の娘は世界的なデザイナーに育っていった、
サクセス・ストーリーとして一般的には語られる。
しかし、私は前に書いたように、
そこに明らかに、いまの時代に反戦を語る、という
一本筋の通った姿勢を感じた。

また、戦後はヒロインの成功物語で終わると見せかけて、
実は彼女が
年老いていく過程を
特殊メイクまで使い、夏木マリに演じさせることで、
どんなに社会的に成功しても、老いは訪れること。
誰も老いからは免れることができない。
そのことをまた正面切って描こうとしているのだと思う。
主人公を通して、
老いを受け入れることを静かに物語る。

このドラマを見続けた人たちは、おそらく
歳を取るっていうのもなかなかいいものだと、
何となくそういう感じを抱きながら最終回を
見終わるのではないかと私は予測する。






« 定例会終わる | トップページ | 南小卒業式とテープ起し »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

良いドラマでしたよね、私も家族で楽しんでました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54291358

この記事へのトラックバック一覧です: カーネーション:

« 定例会終わる | トップページ | 南小卒業式とテープ起し »