2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 安心生活創造事業 | トップページ | 最後から二番目の理想の息子 »

2012年3月 4日 (日)

稼げる市

2月29日水曜日から、平成24年第1回定例会が始まっている。
開会に先立ち、荒木市長から「あいさつ」があった。
リンク  
浅学なので、「施政方針」や「所信表明」ではないことに
何らかの意味があるのだろうが、やはり「あいさつ」では、
どうかと私は思う。
せめて本文中にある「新年度にあたっての基本的な考え方」
とでも冠すべきものだったように思えるのだが、
市民のみなさんはいかがお考えになるだろうか。

多少批評的な読み解き方をしなければ、
何のための議員かと言われかねないからではない。
論理の弱さを指摘して、執行部においてはさらに強力に
市政を推進してもらわなければならないからだ。
市議会は執行機関ではない。

■自主財源の確保へ向けた「稼げる市」と
「計画的な土地利用計画の推進」という項目がある。

合志市の特性を活かした稼げる市をつくることで、
自主財源を確保し、質の高い市民サービスを提供したい。
その気持ちはよく伝わる。
抽象的に「持続可能な発展を促し」などと言われるよりはいい。
「農」「食」「医」の分野を結び付けた新たな産業や、
農業の6次産業化が重要だという認識もわかる。
しかしそれと「計画的な土地利用の推進」が急がれることが
どう関係してくるのかが見えない。

「計画的な土地利用の推進」の必要性や、
土地利用検討委員会での議論や意見集約は
それはそれで意義のある、前向きな行動である。
しかしそれが「稼げる市」に結びつくのには
かなり時間がかかるのではないか。

私には残念ながら、
即効性のある「稼げる方策」の持ち合わせがない。
6月定例会において報告されるという、
委員会において決定される新しい土地利用計画に期待しよう。



« 安心生活創造事業 | トップページ | 最後から二番目の理想の息子 »

主に議員としての活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54138331

この記事へのトラックバック一覧です: 稼げる市:

« 安心生活創造事業 | トップページ | 最後から二番目の理想の息子 »