2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 遡ること1年 | トップページ | 学校給食について »

2012年3月11日 (日)

ヴィーブルであった合志吹奏楽団「響」の
第8回定期演奏会に行く。

プログラムは、
「組曲カルメンから」他、吹奏楽では有名な曲。
また第2部では、
おなじみ「シング・シング・シング」や
「上を向いて歩こう」や嵐のヒット曲など。
次第に演奏と会場とが一体化してくる
幸せな空間と時間になった。
合唱と吹奏楽のための「あすという日が」という曲が

合志中学校の吹奏楽部と合唱部、そして
西合志中学校吹奏楽部の生徒たちと一緒に歌われると、
目頭が熱くなった。
この曲は、昨年の紅白歌合戦で歌われたり、
東日本大震災に関連して、有名な曲のようだ。
いま、この場で自分たちにできること、
それをアマチュアの吹奏楽団のメンバーが
考え抜いたことが、
ここで一つの形になったという気がする。

キャッチフレーズは、
「ともに感じ響き合う究極の素人たち」
アマチュアであるということは、
少なくとも売上げや利益を気にせず、
自分たちの好きなことができるということだ。

去年の3月20日の記事。
「村上春樹と小泉今日子」→リンク 



« 遡ること1年 | トップページ | 学校給食について »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54197392

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 遡ること1年 | トップページ | 学校給食について »