2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 稼げる市 | トップページ | 議案質疑 »

2012年3月 5日 (月)

最後から二番目の理想の息子

日本テレビ系の土曜ドラマは、
学園ものと決まっている。わけではないが、
「ごくせん」他、数え上げれば切りがない。
というか、数え上げる手間を省いているが。

もうすぐ終わるが、鈴木京香主演の「理想の息子」も
まあ学園ものである。脚本は野島伸司。
おいおい、野島伸司で大丈夫なのか、プロデューサー。
「GOLD」が惨敗してあまり日が経ってないぞ。
それが正直な感想だったが、
個人的にはあのドラマは好きだった。
長澤まさみの魅力があふれ、
いまをときめく武井咲がデビューしているではないか。
武井は次の「アスコーマーチ」の評判がよくなかったのに、
CMでブレークしてしまった。
その「アスコーマーチ」も私は評価している。

それはそうと、パクリの、いやリスペクトの野島らしく、
ひょっとしたら「アスコーマーチ」を見て影響されたのかもしれない。
細かいことは抜きにして骨格はいただいている。
しかし、今回さすが野島伸司だと初めて感心したのは、
本人ももうこれがダメなら、オレも終わりだと思ったのか、
悲壮感の裏返しのディテールの遊びである。
ひょっとしたら、カルトとして今後謎解きが流行るかもしれない。
(なんてことはないと思うが)

あと小泉今日子主演の「最後から二番目の恋」である。
最初は女3人の実にノリの悪い会話から始まったので、
大変心配していたが、登場人物の人間関係が絡み合ってくると、
がぜん面白くなってきた。
中井貴一と小泉今日子の取り合わせに
一ひねり加えた設定が、それを可能にしたと思われる。
二人のののしり合いというか、口げんかというか、
そのイキの良さはTVドラマ史に残るであろう。
しかし、これももうすぐ終わる。
日本のテレビドラマは、だいたい9回ぐらいしかもたない
キャラクター展開になっているから仕方がない。

« 稼げる市 | トップページ | 議案質疑 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

つかあんたどんだけ偉いの

ほんとだ。議員みたいにえらそう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54148934

この記事へのトラックバック一覧です: 最後から二番目の理想の息子:

« 稼げる市 | トップページ | 議案質疑 »