2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 第20回合志市地域公共交通協議会 | トップページ | 画餅点睛を欠く »

2012年2月16日 (木)

最後からの人生

あのとき、ああしておけばよかったと、
後悔とともに、そうなったかもしれない状況を
想像することができるのは、人間の特権だろう。
過去は過去、事実しか思い出せないほうが楽だろうか。

これが業務上のことであれば、
私企業であろうと、公的なものであろうと、
後悔だけでは済まない。
失敗や
やらなかったことを次に生かさなければならない。

個人的な感傷は多少つらくても
甘美な分その人にとっての宝物でもある。
つまり、儲けもんということもできる。

テレビドラマ「最高の人生の終り方」と
「最後から二番目の恋」を見た。
似たようなタイトルだな。
第1回目だけではわからない味わいってものがある
今シーズンのドラマ。
すぐに思い出せなくなるけれど。



« 第20回合志市地域公共交通協議会 | トップページ | 画餅点睛を欠く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54001410

この記事へのトラックバック一覧です: 最後からの人生:

« 第20回合志市地域公共交通協議会 | トップページ | 画餅点睛を欠く »