2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 信号待ちの歯磨き | トップページ | 第2回都市調査研究グランプリ »

2012年2月19日 (日)

2035年の人口 将来予測

1月26日の熊日に、九州経済調査会(福岡市)が
発表した「2035年の九州7県の人口」という記事があった。
低い出生率で熊本県の場合、
約30万人減の151万人と予想。

「調査は10年の国勢調査を基に、
05~10年の出生率や生存率、
都市間の移動などが継続すると仮定して試算」
だということで、
県内の市町村別では、
「住宅開発が進んだ菊陽町や大津町、
合志市などでは人口増加を見込んだ」としている。

この仮定が統計学的に正当なものかどうかが知りたい。
というのも、この見込み通りなら、
合志市が総合計画で予想する人口増加のピークが
もっと後にずれ、もう少し上昇することが考えられるからだ。

どれが正解とはなかなか言えないがゆえに、
オレ様の計算が真っ当なのよ、という
そういう人が出現してほしい。

ただそういう人の言うことは
まずは疑ってしまうとは思うんだけどね。


« 信号待ちの歯磨き | トップページ | 第2回都市調査研究グランプリ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

千葉市美浜区は人口減です。外国人が地震のあと帰国しちゃったとパン屋さんで聞きました。昨日今日と地震が続くのでまた減っちゃうかも。

まあ、今後20年のことなので、
何があってもおかしくはありません。
過去といまのことしかわかってないわけですからね。
たくさんの外国人っていうのは、
身近な話ではないので、実感がわきません。
申し訳ないですが、地震もそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/54023090

この記事へのトラックバック一覧です: 2035年の人口 将来予測:

« 信号待ちの歯磨き | トップページ | 第2回都市調査研究グランプリ »