2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 全員協議会 | トップページ | 気づきうなずきフェスティバル »

2012年1月21日 (土)

最高の人生の終り方

TBS系で山下智久が葬儀屋になる、
「最高の人生の終り方」というドラマをやっている。
今週は、身元不明の遺体が主人公で、
行旅死亡人の取扱いが出てきた。
いわゆる無縁仏である。

ちょうど、菊池広域連合で納骨堂を作る計画が
昨日の全員協議会で説明された。
「市町内において死亡した、親族等の身寄りがないか
若しくは身寄りがあっても死亡届、火葬許可申請、
火葬を行なう者のない孤独死等の遺体
(行旅死亡人・無縁仏)の保管、火葬、遺骨の保存については
自治体の業務です」とある。

私が行旅死亡人について知ったのは、
10年ほど前のことだった。
益城町役場の掲示板を、工事関係の公示でもないかと
チェックしていたときのことだった。
身元不明の遺体についての公告である。
誰かが言ったが、死体には名前がついて初めて
遺体となる、と。
新明解国語辞典では、人格を主体とした言い方を
遺体というと出ていた。

先の環境衛生課の説明資料の結びには、
「市町内の公営住宅等単身居住者の高齢化、
あるいは都市化に伴い、今後もその増加が懸念、
予想されることから」とも書かれていた。









« 全員協議会 | トップページ | 気づきうなずきフェスティバル »

主に議員としての活動」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/53790711

この記事へのトラックバック一覧です: 最高の人生の終り方:

« 全員協議会 | トップページ | 気づきうなずきフェスティバル »