2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 阿蘇火山博物館 | トップページ | 認知件数 »

2011年12月30日 (金)

宮谷一彦的味わい

『スターバト・マーテル』
篠田節子著  光文社刊
 

宮谷一彦のコミックのようなテイスト。
突き放したというか、乾いた文体。
鋭利だが温もりも感じさせる。
そして熱情のスッと引いていくところ。
そこが好きなのだ。
この本には、2作が収められている。
まだ「スターバト・マーテル」しか読んでいないが、
仕掛けのハッタリ度がまさに宮谷型。
どうやって終わらせるんだと思ってたら、
真ん中過ぎで突如エンディング。
あ、もう一編別にあるのか。

いま思うと、宮谷一彦って、
女性の心を巧みに描いていたということだな。

« 阿蘇火山博物館 | トップページ | 認知件数 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/53606599

この記事へのトラックバック一覧です: 宮谷一彦的味わい:

« 阿蘇火山博物館 | トップページ | 認知件数 »