2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« くまもと森都心プラザ図書館 | トップページ | 巨大火砕流と合志台地 »

2011年12月23日 (金)

第7回くまもと未来会議

12月22日 木曜日

くまもと森都心プラザのプラザホールにて。

議事録は後日熊本県のホームページで
公開されるらしい→リンク 

平成20年8月に設置されたこの会議の
主旨は下記に引用した通り。

~県民の総幸福量の増大に向けて~ 

本県は今、危機的状況にある財政の問題をはじめ、
多くの課題を抱えております。
しかし、こうした逆境にあるからこそ、夢を持ち、
未来へ向けた一歩を踏み出すことが大切だと考えています。
そこで、「くまもと未来会議」で、
熊本の未来についてご意見やご提案をいただき、
今後の施策に反映させていきたいと思います。
この会議には、県内外の有識者で、
熊本に大変縁の深い方々を中心に委員をお願いしました。
熊本の未来のために、
活発な議論をしていただけるものと期待しています。
この素晴らしいメンバーの皆様と共に、
未来の熊本という長期的な視点や、
日本の中の熊本、アジアの中の熊本という広い視野で、
熊本の可能性を探ります。



約2時間。委員の人数が少しずつ増えてきているようで、
時間が足りなくなっているような感じ。

この1年を大局的に振り返るとともに
熊本県はこれからどういう方向に進むべきか
などについて、議論というよりか
意見発表の場でした。

松島正之委員から、
市町村とのタウンミーティングをしっかりやって
議論を深めた方が良いと、
いよいよ県知事選に出馬表明、
2期目への決意を示すべき蒲島知事にとっては
有益なアドバイスだったのではなかろうか。

今年、ブータンの国王夫妻が来日。
国民総幸福量がキーワードになったこと、
また、くまモンというフロックもあったことで、
樺島知事の直観力が証明された。
(いや、くまモンの身体を張った頑張りは、
従来の熊本人にないものとして評価しているが)

そうそう、会議が始まる前に
小山薫堂氏が監修した熊本県のPRビデオが
上映されたのだが、
そこで私は思わぬ発見をした。
「くまモンは、熊本県人ではない!!」ということだ。

そのビデオの中で、くまモンは両親に手紙をしたためる。
熊本にはおとうさんおかあさんをつれていきたい
いいところがたくさんあります、と書いている。
それは両親が諸般の事情で、県外に住んでいるというよりも、
くまモンの出身地が県外にあると考える方が自然である。
だからといって、熊本のために働くくまモンに対する称賛に
いささかの戸惑いもない。
もちろんこれは私の個人的な見解なので、
反論される方はお申し出ください。

Sn3n0689

5階プラザホールのフロアから熊本駅を望む。
ちょうどLRTが写っているが、
軌道を大胆なサイドリザベーションにしなかったことが
本当に悔やまれる。










« くまもと森都心プラザ図書館 | トップページ | 巨大火砕流と合志台地 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/53550729

この記事へのトラックバック一覧です: 第7回くまもと未来会議:

« くまもと森都心プラザ図書館 | トップページ | 巨大火砕流と合志台地 »