2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« Lonely Old People | トップページ | 農とこころの学び舎~合志義塾 »

2011年11月 4日 (金)

PFI事業とウェルパルくまもと

PFI事業を勉強するために
熊本市総合保健福祉センター「ウェルパルくまもと」を
一起会で訪問した。

開設に至る経緯のあと、
PFI事業の実際の事業費や年間維持費について聞いた。
一口にPFIと言っても、
どこまでこの手法に委ねるかは契約による。

熊本市がこの総合保健福祉センターを
熊本初のPFI方式にしたのは、
交通局移転や保健所の老朽化、立ち退きなどと
熊本城復元事業や九州新幹線開業に伴う
熊本駅周辺整備といった財政負担が
大きくふくらむ時期であったことが重なったことによる。
当時、PFI法が出来たばかりで、
一度は試してみようという機運があったのかもしれない。

メリットとしては、初期投資が抑えられること。
清掃、警備・保守点検など委託契約の事務簡素化などがある。
デメリットは、すべてが当初の要求水準書によるので、
目的外使用や変更が簡単にできないことである。

ここでは、年間約2億円ほど払っているが、
事業期間終了の平成40年以降はどうするか、
まだ未定だそうだ。

熊本市総合保健福祉センター(仮称)整備・運営PFI事業
資料については→
リンク 

その後、子ども発達支援センター、子ども総合相談室の
事業説明を聞き、
熊本市保健所の様子も見せてもらった。

« Lonely Old People | トップページ | 農とこころの学び舎~合志義塾 »

主に議員としての活動」カテゴリの記事

コメント

お元気ですか?今日は”ハッピーエンド”久しぶりにネットで見ました。おかげさまで・思い出しまして。ややこしい話はともかく。長い話と数字の話もともかく。ともかくともかくZZZZ。。。

文字のサイズを大きくしました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/53163280

この記事へのトラックバック一覧です: PFI事業とウェルパルくまもと:

« Lonely Old People | トップページ | 農とこころの学び舎~合志義塾 »