2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« デバイス | トップページ | ザンビア »

2011年10月14日 (金)

介護保険勉強会

合志市役所は分庁方式を取っているので、
健康福祉部のある西合志庁舎会議室で
健康福祉常任委員会の
介護保険関係の勉強会が行われた。

まず介護保険料の仕組み。
第1号被保険者の介護保険料の算定方法。

第4期(平成21~23年)は、

計画期間の市の介護サービス総費用のうち
   第1号被保険者負担分(20%)
――――――――――――――――――― ÷12月
 計画期間の市の第1号被保険者数

=4,700円(保険料基準額)

というようになっています。

第5期(平成24~26年)は、第1号被保険者負担が
21%になることが決まっています。
介護保険における第1号被保険者は、65歳以上の方ですね。

第5期に向けての課題は、

①新たな保険料の設定

  全国平均 約5,200円が想定されている。

②包括支援センターの充実強化

③施設整備(待機者の解消)

  今年8月調査時での市内の待機者数 535人
  施設整備費はかかるが、在宅で介護保険を利用するよりも
  介護保険会計の負担は少ない場合が多いので、
  それを勘案しなければいけない。

若い人たちも、自分や親には関係ないと思ってると、
すぐに歳を取っちまうぞということもそうだけれど、
老人大国である日本が、これをおろそかにしたら、
国自体が転覆してしまいかねないということだ。

その危険性は、介護保険だけの問題ではないけれど。





« デバイス | トップページ | ザンビア »

主に議員としての活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/52990860

この記事へのトラックバック一覧です: 介護保険勉強会:

« デバイス | トップページ | ザンビア »