2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« タイシン丼完全体ならず | トップページ | 宮沢賢治 »

2011年10月25日 (火)

わらじカツ丼

埼玉県小鹿野町に着いた私たちは、
午後からの所管事務調査前に
腹ごしらえをすることにした。

役場近くの食堂を訪ねたら、定休日。
寂しい商店街なので、
開いてる店が他になく、電器店で聞いたら、
名物に「わらじカツ丼」があるという。
探し訪ねて行ってやっと見つけました。

Sn3n0620

屋号は「安田屋」
元は肉屋だったみたいです。
組合長の表札もありました。

そして、わらじカツ丼。

Sn3n0619


少し齧ってから、お、撮っておかなくちゃと思いました。
右の器は皿ではなく、丼の蓋です。
とんかつではなく、豚肉のカツレツと言った方が近い。
ウスターソースとしょう油のブレンドみたいな味。
ちょっと塩辛いので好みもあるかもしれませんが、
千載一遇、
一期一会の出合いがそこにはあったとです。

数軒の店が「わらじカツ丼」の幟(ノボリ)を揚げていた。
世にB級グルメという用語があるが、
複数軒の店で、同様のものを食べられて初めて
そう名付けられるのではないかと思った。

また、わらじの一組を一足と呼ぶべきかの論争がありました。

« タイシン丼完全体ならず | トップページ | 宮沢賢治 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/53084057

この記事へのトラックバック一覧です: わらじカツ丼:

« タイシン丼完全体ならず | トップページ | 宮沢賢治 »