2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 防災訓練的夏祭り | トップページ | ごみの分別、意識の流れ »

2011年8月10日 (水)

イギリスでは世論誘導

7月2日の熊日に、
「英政府が福島第1原発事故の直後、
反原発機運の抑え込みを目的に、
世論誘導を原子力産業界に持ち掛けていたことが
6月30日、英紙ガーディアン(電子版)の
報道でわかった」という記事があった。

「原発の安全性に関し業界から意見があれば、
政府声明にも盛り込むことができると持ち掛けた上で
『われわれは同じ基調でメディアや国民に
メッセージを伝える必要がある』と強調した」

わが国における「やらせメール」とは
少しばかり状況が違うけれど、
「英政府は事故後、一貫して原発の安全性を強調し、
新規建設を含む原発政策の維持を表明。
ドイツなどに比べて原発問題に対する
英国民の関心は低い」とも書いてある。
そうなのか。
イギリスは地震が少ないのかな。
ちょこっと検索すると、本当に地震がない国と言っていいくらい。
そのせいだろうか。

この記事だけではよくわからないが、
国民性というか、それぞれに事情も違う。
報道のなされ方によるのかもしれない。


« 防災訓練的夏祭り | トップページ | ごみの分別、意識の流れ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/52443048

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスでは世論誘導:

« 防災訓練的夏祭り | トップページ | ごみの分別、意識の流れ »