2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ペットサウンズ | トップページ | 五感 »

2011年7月26日 (火)

子どもたちの子どもたちの子どもたちへ

山田養蜂場が熊日にときどき全面広告を出している。
健康に関する話題で、毎回著名な学者たちと
山田英生社長が対談している。

企業広告にもいろいろあるが、
商品PRに過ぎないだろうと高をくくっていて
これまで読んだこともなかったが、
元国立がんセンター研究所疫学部長の渡邊昌氏の
がん細胞の話を何気なく読んだところ、
これがたいへんわかりやすくて、
この企画自体を見直してしまった。

ただ「サイト内検索」で、
「予防医学」と入力してもヒットせず、
ホームページからなかなかたどり着けなかった。
「企業広告~子どもたちの子どもたちの子どもたちへ」
リンク というところにあった。

この「子どもたちの子どもたちの子どもたちへ」という標語は、
1960年から70年代にかけての、
アメリカのフラワージェネレーション、ヒッピームーヴメントで、
よく使われた言葉ではなかっただろうか。
いつも思うことだが、あれから40年以上経過したのに、
その子どもたちの子どもたちの子どもたちに
より良き地球を残せているのか、人類は。


« ペットサウンズ | トップページ | 五感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/52311623

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもたちの子どもたちの子どもたちへ:

« ペットサウンズ | トップページ | 五感 »