2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 子どもたちの子どもたちの子どもたちへ | トップページ | 菊池恵楓園で学ぶ旅 »

2011年7月26日 (火)

五感

熊日夕刊に「科学する人」という連載があって、
6月22日は「材料科学者の細野秀雄さん⑤」で
「この項終わり」だった。

あまり熱心に読んでいたわけではないが、
その記事のここが目を引いた。

 色や手触り、においといった五感も大事にする。
 「発見のきっかけはたくさんあるはずだが、
 見逃されている。
 何かいつもと違う現象が起きたとき、
 それが世の中で新しいことと
 見分けられるかどうかが勝負だ」

特に新しい指摘ではない。
しかし、どんな場面でも適用できるのではないか。
五感を大事にする、
五感を信じるとは、
自分の中の野性に頼ることとは限らない。

カート・ヴォネガットがよく書いていたが、
人間は脳みそが大きくなりすぎて、それが災厄を招くと。
だが、その脳みそでは自分の経験だけではなく、
他から得た知識やそれを活用する知恵のシナプスが
出番を待っている、ということもあるでな。
五感は斥候。

凄いひとだとは分かったが、
どういう人なのか検索してみると、
「爆笑問題のニッポンの教養」に
とっくの昔に出ていた。→リンク  

興味が湧いた方は、どうぞ。

« 子どもたちの子どもたちの子どもたちへ | トップページ | 菊池恵楓園で学ぶ旅 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/52315749

この記事へのトラックバック一覧です: 五感:

« 子どもたちの子どもたちの子どもたちへ | トップページ | 菊池恵楓園で学ぶ旅 »