2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 温習・合志市音頭 | トップページ | 第3回 比呂美の部屋 »

2011年7月16日 (土)

ちゅうちゅう




ばらばら死体の夜 桜庭一樹著
 集英社刊 1575円

いやあ、引きずり込まれました。
読み始めたときの印象は、
なんかこのキャラクター設定と展開に既視感が・・・
それは、宮谷一彦の世界そのままだった。
章ごとに、語り手が替わる手法は、
いまやあまり珍しくなくなっているが、
わが身可愛さの共犯関係を描くには、
ぴったりのやり方だと思った。

消費者金融の知識はついたが、
そこに寄りかかり過ぎた感は否めないが。

行き場がなく追いつめられる感じ、
深い闇に降りてゆくイメージ、
宮谷一彦だ、やっぱり。
こんなところで蘇えるとは思わなかった。


参考までに、インタビュー他集英社のサイト→リンク 





« 温習・合志市音頭 | トップページ | 第3回 比呂美の部屋 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/52225004

この記事へのトラックバック一覧です: ちゅうちゅう:

« 温習・合志市音頭 | トップページ | 第3回 比呂美の部屋 »