2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 新市と呼ばれて5年が過ぎて次は真摯に向かうとき | トップページ | これが甘草だ »

2011年6月25日 (土)

社会を明るくする運動

第61回“社会を明るくする運動”合志市推進大会に
保護司として参加。

社会を明るくする運動については、
法務省のページへ→リンク 

会議終了後、保護司会のメンバーで、
運動啓発用の幟旗を設置。

私は保護司として初めての参加なのだが、
運動が形骸化しているのではないかという意見もある
ムーブメントというのはそういうものだけれど。

保護司の本来の仕事については、
更生保護というチラシにこう書かれている。

「地域での更生保護の活動を担う
民間のボランティアです。
刑務所や少年院から出て『保護観察』を
受けることになった人などを指導し、
相談にのったり、様々な支援をしています。
犯罪をした人の多くは、
生活や精神面で様々な困難を抱えているため、
地域の教育、福祉、仕事等に関わる人たちと
協力しながら活動しています」

更生保護とは、
「罪を犯した人も、裁判を終え、処分を受ければ、
いずれ社会に戻ってきます。
更生保護は、罪を償い、
再出発しようとする人たちの立ち直りを導き、助け、
再び犯罪や非行に陥るのを防ぐ仕組みです」





 

« 新市と呼ばれて5年が過ぎて次は真摯に向かうとき | トップページ | これが甘草だ »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/52042453

この記事へのトラックバック一覧です: 社会を明るくする運動:

« 新市と呼ばれて5年が過ぎて次は真摯に向かうとき | トップページ | これが甘草だ »