2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« かあさん、あのぼうしはどうしたんでしょうね | トップページ | 議員活動レポート »

2011年6月11日 (土)

スピーチバルーン

リンク: 村上春樹が東電と「効率社会」批判 スペインでのスピーチ内容に賛否両論 - 速報:@niftyニュース.

地元熊本日日新聞も共同通信に通信網に参加しているので
(毎日新聞も今や、その一翼)、今日の朝刊に
全文が掲載されていた。
最初、その話を聞いたとき、
今更そのスピーチにどんな意味があるのか、
と思った。
しかし、だんまりを決め込むには、
事はあまりにも大きい。
賛否両論は当然予測されるが、
それでもあえてこの時期に(時期については、
ちょうど受賞という節目がそれに当たる)、
意見を表明することについては、
そしてその内容に関しても、熟慮されたものと思う。
適当だったかどうかは別問題けれど。

ひとことで言えば「コミットメント」。
村上春樹が作家として活動を続けるためには、
それをやらなければならなかった。

村上春樹の意見表明に対して、
私たちはそれぞれの考えを申し述べるべきだ。

ただ私としては、いま特に書くことはありません。

« かあさん、あのぼうしはどうしたんでしょうね | トップページ | 議員活動レポート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/51916158

この記事へのトラックバック一覧です: スピーチバルーン:

« かあさん、あのぼうしはどうしたんでしょうね | トップページ | 議員活動レポート »