2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« くまモンは成功したと言えるのか。 | トップページ | アリとプラト »

2011年5月24日 (火)

行政評価評価

「合志市 行政評価」というワードで検索すると、
多くの記事をヒットする。
この「晴れ永遠」もそのひとつだけれど、
その中に「World Cafe〜地方公務員のBlog」があった。
昨年の8月16日(月)の記事に→リンク 
行政改革セミナーの模様が書かれている。
合志市から、事例発表で参加していたとは、
知らなかった私の情報収集能力に問題ありか(苦笑

また神奈川県議会議員の若林ともこさんのブログには、
昨年11月に横浜市議会議員として、
合志市に研修に来られたときの記事が→リンク 

研修担当者の説明がうまかったのか、
実際に機能的な評価システムなのか、
まだ議員として1回しか経験していないので、
実はよくわかっていません。
しかし、簡潔な記事とはいえ、これこそ外部評価というもの、
かもしれません。

前市長 大住清昭氏のホームページも発見。
「合志市長を振りかえって」という文章→リンク 
これは、合志市の4年間を振りかえるという意味で、
よくまとめられていると思った。

『日本を誣いる人々』(PHP研究所刊)→リンク  
で、名指しで批判されるような市政だったこともわかる。
ただ、そういう点から批判されていたわけではなさそうなので、
熊本という土地柄、保守王国などと呼ばれることもあるが、
リベラルの流れもあなどれないということか。

でも、実際は思想的な深みまで、
到達してはいなかったということだろう。
自分が、自治基本条例の策定に関わったこともあるが、
地方自治の現場では、思想性よりも
現実の政治の方が重要なのである。

« くまモンは成功したと言えるのか。 | トップページ | アリとプラト »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/51758127

この記事へのトラックバック一覧です: 行政評価評価:

« くまモンは成功したと言えるのか。 | トップページ | アリとプラト »