2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 男女共同参画作家 | トップページ | ヤブツバキ »

2011年3月 3日 (木)

エニタイム・小泉の書評

久し振りの「小泉の書評」の諸評です。
今週は、2月20日付(オンラインでは21日付)→リンク

久世朋子著『テコちゃんの時間 久世光彦その日々』
平凡社刊 1600円

「誰かが自分のことを知ってくれている。
当たり前のようで、とても特別なことだと思う」

なんてったってアイドルだった小泉を
知らない人の方が数少ないとは思うが、
名前や顔を、ただ知っているということとは違うんです、
それは。
その人のことをよく知っているというにとどまらず、
それが行動に結びつくというか、
その人に尽くすということでもある。
ということらしい。

いつも思うんだけれど、
小泉今日子という女性の孤独が、
彼女の書く文章にはにじんでいる。
しかし孤独感を不幸と決めつけたらだめよ。

いつでもハッピーなんてのも、
ないとは思いますが。

« 男女共同参画作家 | トップページ | ヤブツバキ »

ミューズ・KOIZUMI・ミュージアム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/51023525

この記事へのトラックバック一覧です: エニタイム・小泉の書評:

« 男女共同参画作家 | トップページ | ヤブツバキ »