2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 年賀状 | トップページ | 市長の部屋 »

2011年1月 2日 (日)

戦場カメラマン

渡部陽一さん(38)を初めてテレビで見たとき、
漫画家の馬場のぼるさんを思い出した。
悪い人には見えないけれど、
新しいジャンルのお笑いの人だと思った。
肩書きの戦場カメラマンというのに
胡散臭さを感じた人は、失礼ながら
多いのではないだろうか。
あの独特の、ゆっくりと噛み含めるような口調の
低音の声はネタだと私も思った。

でも、ネタにしてしまおうとする
番組プロデューサーの思惑をかわしながら、
いつもとつとつと、
言葉を選びながら、渡部さんは語る。
内心、まじかよ、と驚きながら、
「テレビでは、芸人さんたちの真剣さに
すごく刺激を受けています。
番組収録のスタジオが
芸人さんの『戦場』だと知りました」
1月1日付の熊日掲載のインタビューにはそうあった。
そしてこう続く。
「でも、私はジャーナリストの仕事中心にもどるつもりです。
テレビで見かけなくなったら、
戦場で仕事をしていると思ってください」

この「戦場」という言葉が
現実のものとは思えないという私の認識が、
世界の常識からずれているのだろう。
渡部さんは、真っ直ぐだけれど、
やっぱりちょっと変な人なのかもしれない。
でも、そのちょっと変わったところが、
この世界に必要とされているのだと思う。


« 年賀状 | トップページ | 市長の部屋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/50474034

この記事へのトラックバック一覧です: 戦場カメラマン:

« 年賀状 | トップページ | 市長の部屋 »