2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 合志義塾とその時代 | トップページ | 循環型野菜 »

2010年12月 5日 (日)

人権フェスティバル

合志市総合センター「ヴィーブル」メインアリーナで開催された
第5回合志市人権フェスティバルに出席。
ざっと1,000名くらいの参加だっただろうか。

竹迫みのり保育園の発表
「童謡メドレーと詩の朗読」において、
宮沢賢治の「雨ニモ負ケズ」が園児によって
朗読されたけれど、
小学生のころ、祖父の家の壁に貼ってあった
手ぬぐいに印刷されていたそれを思い出した。
その詩に心打たれて、暗記しようとした。
そのことを思い出した。
祖父の理想だったか、たまたま旅行の土産だったか、
それはわからないけれど、
幼心に人生の厳しさと皮肉を感じた。
再結成したフォーク・クルセダーズが、
加藤和彦のメロディを得たこの詩に
新しく命を吹き込んでいた。

社会福祉協議会はってん組の肥後にわかは、
まだ照れが残っている気はしたけれど、
今後さらに練れてくるともっと良くなるだろう。
ただこういった出し物は、
洗練されて失うパワーもあるからな。

フェスティバルそのものの存在意義を否定するものではないが、
常にその内容と立ち位置みたいなものを
検証し続けるべき事業だろう。

« 合志義塾とその時代 | トップページ | 循環型野菜 »

合志をめぐる冒険」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/50212024

この記事へのトラックバック一覧です: 人権フェスティバル:

« 合志義塾とその時代 | トップページ | 循環型野菜 »