2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 循環型野菜 | トップページ | 文教常任委員会 »

2010年12月 6日 (月)

ノット・ア・セカンド・タイム

11月1日の熊日「深よみTV」に、
牛窪恵さん(マーケティングライター)が、
NHK火曜ドラマ「セカンドバージン」について書いている。
これについて私が書くのも、もう3回目か4回目。
実は、イギリスのヴァージンレコードの延長で
「セカンドバージン」と使っていたのだけれど、
よくよく考えると、ちょっと人前でやたらと使えない類の
言葉なのではなかったか。

エルトン・ジョンに
「モナリザ・アンド・マッドハッター」という曲があり、
その歌詞で、バーニー・トーピンは、
「スパニッシュハーレムって言葉が/
使うのにはばかられる言葉だとは知らなかった」
って書いてるけれど、それみたいなものだ。

それはそうと、
牛窪さんはその文章をこう結ぶ。
「行をめぐる恋の勝者は、るいか万里江のどちらかだろう。
でも『恋愛の成就=幸せ』ではないことは、
女性が一番よく知っている。
二択で満たされない人生をどうやって切りひらけばいいのか。
時代にあった、斬新な〝回答〟を
脚本の大石静に期待したい」

いよいよあと2回で終わるらしいのだが、
NHKだから出来ることとはいえ、
10回まで引き延ばすことが重要な意味を持つ。
週刊誌に書いてあるように話題になっているとは
とても信じられないけれど、
オンデマンドも好評だというから、
販売戦略的には、当たりだったということだ。

民放的な尺度では地味なドラマだと思う。
でも脚本段階からじっくり作られた熟成のドラマ。
画期的なところは特にない。
材料を適材適所に配置しただけ。
ただ会話であったり、モノローグの言葉を
実に巧みに選んでいる。
当たり前のことをやってるだけなんですが。

「恋の勝者」はいなかった。
という結末が見えているだけに、
早く終わってほしいドラマだなあ。

« 循環型野菜 | トップページ | 文教常任委員会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/50228020

この記事へのトラックバック一覧です: ノット・ア・セカンド・タイム:

« 循環型野菜 | トップページ | 文教常任委員会 »