2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 新しい公共~寄付控除の税制 | トップページ | 環状バス一周の旅 »

2010年10月 3日 (日)

太陽を盗んだ男

TUTAYAで、偶然見つけて借りた。
『太陽を盗んだ男』。
原爆は、いま核兵器と呼ばれることが多い。
大量破壊兵器というのもある。
原爆から核兵器に表記が変わったのはいつだったか。
そんなことはどうでもいい。
公開当時によく呑み込めていなかったこと、
ひょっとしたら制作者も分かっていなかったことが、
たくさんある。
それは時代とともに、観客を取り巻く環境も変わるからだ。
歴史に対する認識も変わる。
映像のちゃちなところをあげつらってはいけない。
逆に今なら尻込みするような大胆な撮影もある。

長谷川和彦について検索すると、いくつか
古いページが出てくる。
当時の熱さがほの暗く赤いので、それだけでもつらい。
監督の封切り当時の発言だけを→リンク

脚本家としての長谷川和彦の作品、
『青春の蹉跌』と『宵待草』を
もう一度見たい。
監督は、どちらも神代辰巳。
こういう作品がDVD化されないなんて、
日本映画界の文化的貧困だと思う。

話は変わるが、『太陽を盗んだ男』制作時の
東宝の都合かもしれないが、ヒロインの
池上季実子が、「こんなに良かったっけ」というのが
今回一番の驚きでした。
あと、音楽、井上堯之と星勝。
これぞ映画音楽。
デーブ・グルーシン級のスケール感があった。

« 新しい公共~寄付控除の税制 | トップページ | 環状バス一周の旅 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/49637441

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽を盗んだ男:

» 太陽を盗んだ男 [TSUTAYA・ターンラウンド]
昨日光の森店にて、DVD旧作レンタル100円で借りた。『太陽を盗んだ男』いやあ、面白かった。これは見てほしいけど、やっぱり当時の風俗をリアルで知ってるから、そう感じるのだろうかね。水谷豊や、西田敏行の演技がほとんど変わっていないのに、笑っちゃうなあ。「晴れ永遠」も読んでみてください。リンク... [続きを読む]

« 新しい公共~寄付控除の税制 | トップページ | 環状バス一周の旅 »