2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« スコップ三味線ボーイズ再び | トップページ | キャッスル »

2010年9月21日 (火)

火の魚

昨日、NHK総合で、
「火の魚」という1時間のドラマを見た。
「モンテカルロ最優秀ドラマ・孤独な老作家と
女性編集者の切ない命の物語」と
新聞のテレビ欄に書かれていた。

原田芳雄の偏屈者の作家もいいけれど、
女性編集者役の尾野真千子が、抜群だ。

その前に「夏の恋は虹色に輝く」の最終回を
ちょこっと見ていたもので、
嵐の松本潤演じる、売れない2世役者の悲哀
(まあ、それほどでもないが)と、演じる喜び、
それに、尾野真千子の端正な台詞と演技が、
私の中では、妙に呼応してしまって、
俳優って仕事の労働の部分と、
他人に成りきる役者としての業の深さ、
みたいなものを感じていたわけです。

原作は、室生犀星でした。

« スコップ三味線ボーイズ再び | トップページ | キャッスル »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/49512704

この記事へのトラックバック一覧です: 火の魚:

« スコップ三味線ボーイズ再び | トップページ | キャッスル »