2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« ビヨンド・イマジネーション | トップページ | 説明力とリテラシー »

2010年6月14日 (月)

菊池事件

6月13日 日曜日

午前9時より
泉ヶ丘体育館で、
泉ヶ丘自治会親善スポーツ大会に参加。
通常のドッジボールより小さく、
ハンドボールほどの大きさで、柔らかいけれど、
投げ方では、かなりスピードが出ました。

1チーム8人で、5チーム。
参加者は少ないですが、
例年だと、参加者が少ないのを、
体育部でカバーしていました。
今年の体育部役員の皆さんは、
準備から、片付けまで、
本来の仕事に集中できたという意味では、
よかったかもしれません。


同日 午後1時30分より、
国立療養所菊池恵楓園内、恵楓会館にて、

緊急講演会
「菊池医療刑務所を人権擁護の砦に!」

○講演 菊池事件と菊池医療刑務所 

         弁護士  徳田 靖之氏

○特別発言  元教誨師 坂本 克明氏


菊池事件というのは、ひょっとして、
映画『新・あつい壁』のモデルになった事件かと
思っていたら、やはりそうだった。

近くて遠い。
しかし、避けて通れない問題だったのに、
これまで、私は傍観者だった。
これからは、
「何かすっきりしないもの」が何なのかを
自分なりに考えていかなければ、と思いました。


来る8月7日 土曜日

恵楓会館にて、

映画『あつい壁』と『新・あつい壁』の
2本立上映会が、開催されるそうです。

中山節夫監督も来られるそうなので、
楽しみだなあ、と思ったら、
その日は、泉ヶ丘自治会の夏祭りの日だった。

         

« ビヨンド・イマジネーション | トップページ | 説明力とリテラシー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/48630436

この記事へのトラックバック一覧です: 菊池事件:

« ビヨンド・イマジネーション | トップページ | 説明力とリテラシー »