2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 上空の風 | トップページ | 新じゃが »

2010年6月 9日 (水)

学校給食は教材である。

本日、合志市議会一起会で、
西合志中央小学校に、視察研修。

合志市では、旧町ごとに給食方式が違います。
いわゆるセンター方式と、
自校方式であります。

今日訪ねた中央小は、自校方式で
立派なランチルームもあります。

校長先生の話で心に残ったのは、
「学校給食は教材である」という言葉です。
メニューや材料から、
社会や理科など、いろんな科目へ
どんどん発展していく要素があります。
食育と一口で言っても、
いろいろな活用があります。

試食もさせていただいたのですが、
私は何のために来たのか忘れていました。

テーマは、市長のマニフェストにある
「子どもたちが家庭用炊飯器を使って、
クラスごとにご飯を自分たちで炊く」ことの
実現可能性の検討でした。

明日は、センター方式の小学校に行ってきます。





A lunch method.

« 上空の風 | トップページ | 新じゃが »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/48587200

この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食は教材である。:

« 上空の風 | トップページ | 新じゃが »