2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 環境工場建設について、他。 | トップページ | 合志市戦没者追悼式 »

2010年5月24日 (月)

“アグリ”カルチャーコンサート

5月22日 土曜日

合志市総合センター「ヴィーブル」で、
3月まで、九州沖縄農業センターに勤務して、
大豆の農商工連携を研究していた笹原和哉氏が、
熊本を離れるにあたり、
奥さんのソプラノ歌手 笹原美香さんと一緒に
コンサート付き講演会を企画したもの。

先日の「ドレミの広場」のスピンオフとも言えるが、
まさに、合志市にピッタリの素敵なコンサートでした。

演目1.農村と都市の共生

笹原さんは、「世代間倫理」という言葉を使われました。
現世代は、未来世代の生存の可能性に対して
責任を持つということです。
そして、農村は世代間倫理を実践してきた。
だから、それを支える意味がある、と。
その媒介となったものが、
農地であり、集落であるということです。

しかし、現状では、
◆担い手がいない。
◆人の交流が少ない。
◆圃場の効率の悪さ。

以上3点が、問題になっています。

そこで、
①農家と加工を結びつける。
②低コスト化と、農村景観ヴィジョン
が、重要になってきますが、

そこに、奇跡の作物である大豆が登場します。

登場といっても、
前から、そこにあったのですが、
それを商売として成り立たせるには、
いくつかの壁があります。
壁がなかったら、もうとっくに成功している。

では、九州沖縄農業センターのページから、
リンク「大豆の用途 利用と加工

まあ、ともかく(途中省略するが)
クロダマルという品種を、大分県で
商品原料のルートに乗せることに成功したという
その報告がありました。

一つ、農商工連携について、
鋭い指摘があったので、
ここに書いておきます。

●買主との交渉は、行政には向かない。
なぜなら、流通を知らないし、立場上
リスクを負う行動が取れない。

行政主導の特産品づくりの困難さというか限界である。


そして、妻のイタリア留学にくっついて行ったおかげで、
イタリアの米作りに直に触れることができて、
それで、また新たな境地を発見したという笹原(夫)氏。
二人の出会いと結婚、
そして、子宝にも恵まれることができたことが、
おそらく研究の社会性の広がりを生んだのではないかと、
私は勝手に推測します。

このコンサートが生まれるまでの道のりに、
ぐるーぷたかんぽを中心とした
人と人とのつながりと、
楽しみながら、作り上げるパワーの存在が・・・。
耕すカルチャーは、やはり
「ザ・グレート・カントリー~偉大なる田舎」にふさわしい。



It is good for the great country.





« 環境工場建設について、他。 | トップページ | 合志市戦没者追悼式 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

 当コンサートについて,熱心に拝聴していただき,ありがとうございます.笹原本人がまとめるよりも,講演内容を簡潔かつ的確に表現していただいて,うれしくもあり,感嘆いたしました. 今後とも合志市への貢献ができることがあれば,はせ参じますので,よろしくお願いいたします.

お誉めの言葉、ありがたく頂戴いたします。

ところで、イタリアの米というと、
シルヴァーナ・マンガーノ主演の『苦い米』という映画を
思い出します。


笹原夫妻の今後のご活躍を
合志市から、期待を込めて、見守っています。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/48447041

この記事へのトラックバック一覧です: “アグリ”カルチャーコンサート:

« 環境工場建設について、他。 | トップページ | 合志市戦没者追悼式 »