2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 新1年生を迎える会 | トップページ | レッド・ブル 2 »

2010年4月13日 (火)

私歴史

4月9日金曜日から3日間、
フジテレビ開局50周年特別企画(何本目?)と銘打って
三谷幸喜作「わが家の歴史」が放映された。

裏番組に映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を
ぶつけられたのは、出来の悪いギャグだった。

で、第一印象は、「しょぼい」だったのだが、
所詮テレビドラマではないか。
舞台装置のディテールが大事なのではなく、
歴史考証の正確さが売りなのではなく、
柴咲コウを中心とする大家族主義のファンタジーであること。
それが重要なのだ。

カート・ヴォネガットが見たら、
気に入ってくれたかもしれない。
ギャグが、キルゴア・トラウトっぽいし。

西田敏行がうまいのはともかく、
長澤まさみも、よかった。
というか、松本潤や佐藤隆太ですら、
その大根ぶりを計算しつくして、
脚本化されていた。

饗庭 孝男
新潮社
発売日:2005-02-26

大学で、饗庭先生の講義を取った話は
以前書いたと思う。
図書館での出合いは必然のような気もする。

最後のページから、引用する。

「歴史は空しい。しかしいかに小さくとも
一つの家の歴史を辿り直そうとすることは
誰にとっても自己確認と証明の一つの方法である」

「もし『私小説』というジャンルがこの世にあるならば、
『私歴史』というジャンルがあってもいい筈である」






I-history.

« 新1年生を迎える会 | トップページ | レッド・ブル 2 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/48079875

この記事へのトラックバック一覧です: 私歴史:

« 新1年生を迎える会 | トップページ | レッド・ブル 2 »