2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月の29件の記事

2010年4月29日 (木)

夏みかんの花

夏みかんの花
夏みかんの花
また今年も。
この甘い柑橘系の香りを
お届けできなくて残念です。

2010年4月28日 (水)

安巳橋から。

安巳橋から。
4月23日撮影。

2010年4月27日 (火)

全員協議会

本日は、午前10時より、議会全員協議会。

報告事項は、以下。

1.菊地環境保全組合新環境工場建設基本計画について

2.緊急雇用相談室の移転について

3.宮崎県で発生した口蹄疫について

4.菊池医療刑務所跡地人権センター整備に関する署名について

5.選挙管理委員会委員及び補充員の選挙について(6月定例会)

新環境工場建設は、かなり前からの懸案らしい
(そういえば、そうだったような)。
昨日、熊本市戸島の東部清掃工場の横を通ったら、
奇しくも旧工場の解体準備が、始まっていた。

その他で、荒木市長に
「合志市のホームページに市長のプロフィールがあるが、
商工会長の役は、いつまで続けるつもりか」
というニュアンスの質問をした。

市長の回答は、商工会長としての報酬はなく、
市長との兼務が認められないわけではない。
ただ、会員の皆さまの意向によることなので、
市長としての回答は控えたいとのこと。

聞き方が嫌味っぽかったかもしれない。
そういうつもりではなかったのだけれど。


午後7時半より、
泉ヶ丘自治会の役員会。少し遅れた。

自治会加入は任意なのだが、
実際加入できない、しないという人が出てくると、
対応に苦慮することになる。





2010年4月26日 (月)

俵山展望所からの眺め

俵山展望所からの眺め
これが南阿蘇だ!

2010年4月25日 (日)

3階からの眺め

3階からの眺め
合志市総合センター・ヴィーブルの3階には、
歴史資料館が入っている。
エレベーターホールが、そのまま回廊になっていて、
その広く取られた窓から、
JTのたばこ原料工場方面を望む。
4月22日はあいにくの雨だったけれど、
大型ショッピングセンター進出計画が頓挫した場所として、
たまには話題になることもある田園風景だ。

A rural scenery.

自治体クラウド2

自治体クラウドについて検索したら、
こんなわかりやすいコラムを見つけました。

自治体クラウドを急ぐ必要が無い理由

我田引水(?)ですが、
合志市の選択は、ベターって感じはする。


これで終わりでは、Twitterなので、ついでに
なぜ「晴れ永遠」では、段落がないのか、について。

見た目の問題なのですが、
改行と行間を多く取ることで、
段落は必要ないのではないか、という考えです。

私自身、コンサバ(守旧)なので、
「昔ながら」を変更するには、結構勇気が要ります。
でも、横書きなんだしねえ・・・

ところで、どこかで誰かが、
書籍の電子化および、国際標準化には
縦書きの弊害が、云々なんて書いていた。

こういう馬鹿な意見を堂々と表明できる社会は、
実に自由と希望に満ちあふれているわけですが、
これは、日本語を稀少言語として、
この地球上に残そうと考える立場から、
ちょっとどうでしょうね。






A rare language, Japanese.

2010年4月24日 (土)

フリクション

フリクション
サントリーの缶コーヒー、BOSSについていた。
こういう表現は嫌いだが、
やっぱり男の子ゴコロを
くすぐられるというかー。
フリクションは、人吉市出身のアーティスト、
恒松正敏さんのバンド名でもある。
太古のニューウェーブ。

2010年4月23日 (金)

自治体クラウド

4月20日の熊日夕刊に
自治体の「クラウドコンピューティング」についての
記事がありました。

それもあって、
去る3月31日の市議会臨時会に提案された、
22年度一般会計補正予算の組替えにあった
「合志市総合行政システム事業」について、
企画財政課で聞いてきました。

熊日の記事にもありましたが、
昨年から総務省は
「自治体クラウド開発実証事業」を行っています。
そのポータルサイトが、これ

合志市は、それに参加しているわけではなく、
従来、庁内で運用していたサーバ(データの貯蔵庫)の管理を
外部の委託先に任せてしまうことで、
さまざまな経費を削減しようというもの。
いわゆるアウトソーシングです。

総務省の実証実験がうまく行ってから、
それに参加しても遅くはないという考えもあります。

直ちに参加しない理由には、
「各自治体が集める行政情報や
申請書類の形式には微妙な違いがあり」と
熊日の記事に書いてあるように、
様式をシステム標準に合わせなくてはならないので、
現行の便利さを捨てなくてはならない場合もある。
ということもあります。

なんかやたら、むずかしい。

コスト削減は、個人情報の漏えいというリスクも伴う。
でも、それがどこにあるにせよ、
管理はきちんとされて当たり前。
当たり前のことを普通にやるしかありません。









2010年4月22日 (木)

自治基本条例を見守る

4月21日 水曜日

午後7時より、合志庁舎にて。
「(仮称)合志市自治基本条例を見守る会」会議

せっかく、誕生した自治基本条例が
きちんと育つように(まちづくりに生かせるように)、
見守って行きたいね、という意見が、
懇話会のメンバーの中から出てきたことから、
この会議が招集された。

自治基本条例推進委員会の設置は、審議過程でも
問題になった部分であるが、
ある意味、この条例のキモである。

それで、推進委員会を設置するためには、
別に「設置条例」を作らなくてはならないのだと。

鶏と卵の例えのように、
しばし堂々巡りの議論。

あとは、企画財政課の職員諸氏に
論点の整理とスケジュール面の調整を丸投げ。
まあ、彼らの責任部分でもあるから。

終わってみれば、午後10時ちょっと前。

2010年4月20日 (火)

平成22年度通常総会

4月18日 日曜日

午前10時より、泉ヶ丘市民センターで、
合志市泉ヶ丘自治会の平成22年度通常総会が
開催された。

私は、21年度会計監査を仰せつかっていたので、
本来なら役員として参加するところなのだが、
今年は、来賓として案内を受けた。
その上、先輩のⅠ議員とともに、挨拶まで。
代議員のみなさん、見知った方々ばかりなので、
かえって緊張しました。

順調に進行して、11時40分ころ閉会。

椅子やテーブルを片づけて、終了。
公民館に引き上げて、昼食懇親会。

今年は、自治会長も交代され、
新たな思いとともに、自治会の平成22年度が始まった。


2010年4月18日 (日)

コッキンバード

コッキンバード
日本政策金融公庫熊本支店がオープン。
知り合いの社長の会社が設計を担当。
その社長、誰かに似ていると思ってたのだが、
遠藤憲一にイメージそっくり。
特に先日まで、テレビでやってた「不毛地帯」の鮫島。

土曜ドラマのワン・クール

昨日、静かに始まった土曜ドラマ
チェイス~国税査察官」は、壮大な悲劇の予感。

ネタバレという用語があるが、
本来、本当によくできたドラマは、
多少のネタバレがなされても、その面白さは
微動だにしないものだ。

というか、ネタをばらすために、
百万言を費やしても、うまく表現できない。
それが、面白いドラマというものです。

坂本裕二のオリジナル脚本。
菊地成孔のダークグレーな主題歌。
ARATAと麻生久美子とその三角関係。
イタリアン・テイストでいっぱい。
見る人の感性によると思うけれど。

内容は、ネタバレになるので(おっと、矛盾)
番組ホームページをご覧ください。

主人公春馬草輔(江口洋介)の娘鈴子役の
水野絵梨奈が、すごくいいねえ。

話題を呼ぶ前に、取り上げておかなくちゃ、と
ひとまず書きました。




I wrote it for the time being.




2010年4月17日 (土)

かすみ草館

雑感【雑草という名の草はない】第1巻

荒木市長のマニフェストに
《合志市女性センター「かすみ草館」設置というのがあります。
熊本市では、男性が利用しづらいということで、
最近、総合女性センターの名称を変更したばかりです。
男女共同参画社会は、もうそこまで来ています。
女性センターの設置予定場所とされている
歴史資料館については、旧町ごとにあることではなく、
それが活用されていないことが問題だと私は思います。
合併前のまちの歴史は別々です。
それを安易に一つにしていいものでしょうか。 
まずは、まちの歴史と文化を大切にすることから、
始めるべきでしょう。
男女共同参画関連の施策は、
センターのあるなしと別に進めるべきだと思います。

マニフェストでは、2年以内となっていましたが、
十分論議を尽くすべきでしょう。

私のところには、自由民主党から、
保守系議員宛として、
夫婦別姓問題を考える会への
参加呼びかけがありました。
欠席で返事を出してます。

私は、かなり過激な左翼なので、
結果的に、極端な保守であります。
よろしく。

ハチに教わった処世術

市議会議員は、政治家になる。らしい。
立候補してみるまで、そういう認識はなかった。

それで、政治家なんだから、
オフィシャルなホームページを立ち上げるべきだ
という意見もいただいた。

しかし、いまのところ、あまりオフィシャルな
活動をしているわけではないので、
特段書くことがない。
それに、この「晴れ永遠」自体が、
ずいぶん政治的な発言の場であったことだし。


ところで、
2月12日の熊日夕刊、
曳地トシさんの「オーガニックガーデンのすすめ」は、
「ハチに教わった処世術」という話。

蜂蜜や、ハニーは大好きだが、
ハチは怖い。
怖いというより、痛いのがイヤである。
それはそうと、記事によると、
スズメバチの場合か、全般にそうなのか不明だが、
働きバチは、すべてメスだそうである。
彼女たちを刺激するのは、
「大声を出したり、手を振り回したりすること。
香水などのにおいにも敏感だ」そうだ。

「ハチはこちらの恐怖心や嫌悪感を
感じ取る能力にたけている。
苦手な相手とどうつきあい、関係をつくるか。
人間にも応用できる。
ハチに教えてもらったことの意味は大きい」

夕刊のガーデニングの記事で、
人の世の機微を学ぶとは、
これもまた新聞の掛けがえない楽しみの一つであろう。




One of the pleasure to read a newspaper.

2010年4月15日 (木)

レッド・ブル 2

●名称:炭酸飲料
●原材料名:
砂糖、ぶどう糖、酸味料、
L-アルギニン、カフェイン、イノシトール、
ナイアシン、パントテン酸、Ca、v.B6、v.B2、v.B12、
香料、着色料(カラメル)

栄養成分表示(100ml当たり):
エネルギー46kcal、
たんぱく質0g、脂質0g、炭水化物10.7g、
ナトリウム80mg、アルギニン120mg、ナイアシン3mg、
パントテン酸2mg、ビタミンB6 2mg、
ビタミンB2 0 .09mg、 ビタミンB12 2μg

空き缶をしばらく置いておくとわかるが、
とにかく、べとべとになる。
つまり、糖分で急速に血糖値を上げることで、
エネルギーあふれる気分にさせるということ。


そこで、この商品に対抗馬が現れた。

それは、「ロックスター・エナジードリンク」である。
販売は、モルソン・クアーズ・ジャパン。


■名称:炭酸飲料
■原材料名:
砂糖類(砂糖、ぶどう糖)、クエン酸、
L-アルギニン、クエン酸ナトリウム、カフェイン、
L-カルニチン、イノシトール、マリアアザミ抽出物、
ナイアシン、パントテン酸カルシウム、
イチョウの葉抽出物、ガラナ抽出物、
高麗人参抽出物、ビタミンB2、ビタミンB6、
香料、着色料(カラメル)

栄養成分表示(100ml当たり)
エネルギー:58kcal、たんぱく質:0.3g、
脂質:0.1g、炭水化物:14.1g、ナトリウム:24.1mg、
ナイアシン:8mg、パントテン酸:4mg、VB2:1.44mg、
VB6:0.8mg

L-アルギニン:120mg、イチョウの葉抽出物:60mg、
カフェイン:48mg、イノシトール:10mg、
L-カルニチン:10mg、ガラナ抽出物:10mg、
高麗人参抽出物:10mg、マリアアザミ抽出物:8mg

ロックスターなところが、売りなのだが、
より多くの、色んな栄養素が入っているのが興味深い。
ただ、テイストに少し癖がある。
飲みやすさは、レッド・ブルだろう。

どちらも、販売価格は、200円。
いい値段してる。


2010年4月13日 (火)

私歴史

4月9日金曜日から3日間、
フジテレビ開局50周年特別企画(何本目?)と銘打って
三谷幸喜作「わが家の歴史」が放映された。

裏番組に映画『ALWAYS 三丁目の夕日』を
ぶつけられたのは、出来の悪いギャグだった。

で、第一印象は、「しょぼい」だったのだが、
所詮テレビドラマではないか。
舞台装置のディテールが大事なのではなく、
歴史考証の正確さが売りなのではなく、
柴咲コウを中心とする大家族主義のファンタジーであること。
それが重要なのだ。

カート・ヴォネガットが見たら、
気に入ってくれたかもしれない。
ギャグが、キルゴア・トラウトっぽいし。

西田敏行がうまいのはともかく、
長澤まさみも、よかった。
というか、松本潤や佐藤隆太ですら、
その大根ぶりを計算しつくして、
脚本化されていた。

饗庭 孝男
新潮社
発売日:2005-02-26

大学で、饗庭先生の講義を取った話は
以前書いたと思う。
図書館での出合いは必然のような気もする。

最後のページから、引用する。

「歴史は空しい。しかしいかに小さくとも
一つの家の歴史を辿り直そうとすることは
誰にとっても自己確認と証明の一つの方法である」

「もし『私小説』というジャンルがこの世にあるならば、
『私歴史』というジャンルがあってもいい筈である」






I-history.

2010年4月11日 (日)

新1年生を迎える会

本日午前11時より、
合志南小学校 多目的室にて、
泉ヶ丘子ども会の「新1年生を迎える会」に出席。

市内パトロールが最後の仕事と思っていたが、
総会前で、自治会長もそのまま出るというので、
これは、青少年推進委員としての案内。

自治会長の挨拶の中に、
「泉ヶ丘自治会には、1町内から5町内まであります。
その中に全部で、40の組があるので、
自分が、何町内の何組かを
お父さんや、お母さんに訊いて、
しっかり覚えておいてください」というのがあった。

小学校に上がって、近隣の行政区まで、
活動範囲が、急に広くなる子どもたち。
時を忘れて遊んだ夕暮れ、
「もし帰り道がわからなくなっても、
自分の町内と組が言えれば、
きっと、おとなの人に教えてもらえます」

新1年生に伝わったかどうかはわからないが、
いい挨拶だったと思う。

そのあと、交通安全母の会の女性たちが、
ゲームを交えて、交通ルールのお話。

家業が養豚をやっています、とか
酪農ですという自己紹介をされたが、
「命をいただく」話を、もっと聞きたかった。
子どもたちは、集中力持続時間が短いので、
いろんな工夫が必要になるとは思うが。

母の会のメンバーとしては、初対面だったが、
旧合志町のころから
各方面で活躍されている方たちだったので、
合志市の底力を再認識。
子どもたちも幸せだと思う。

Having life.

春らんまん

社会学者の鈴木謙介氏が、
2月6日の熊日に書いていた。
「評論・秋葉原無差別殺傷事件 初公判」

「社会学では、ある出来事の意味や原因は、
それを語る人々によって物語的に
構築されると考える」

「被告が真相を語る前から『格差社会のせいに違いない』とか
『犯人は非モテだったのだ」と解釈したがる人々の存在は、
私たちの社会が抱える問題や、
その兆候を示すものである。
その解釈が正しいかどうかではなく、
そう思ってしまう人たちがいることこそ、
この事件が私たちの社会に問いかけたものの
正体であろう」

ものは、名前をつけられて初めて、
この世に存在し始める。
人間の認識を得るには、名前という言葉で、
記憶され思い出されなくてはならないから。

何度も書くけれど、
「雑草という名前の草はない」という御言葉を思い出す
春爛漫なり。

The air is full of spring.

2010年4月10日 (土)

入学式

4月9日 金曜日

午前10時より
合志南小学校入学式に来賓参加。

新入生92名のうち、男子49名、女子43名。
最近は、女の子の方が多いという傾向があると
聞いたことがあったのだが。

児童数は、微増の傾向。
合志市では、住宅開発が盛んである。
住みやすさ熊本県1位だから。

午後2時より
合志中学校第64回入学式に来賓参加。

新入生は、男子109名、女子87名、計196名。
やはり男子が多い。

議員での参加というのは、なにせ初めてなので
緊張してしまった。
それなりのステータスを出さなければと
なんか無理をしていたのだ。

公務なので、前日欠勤届を提出。
課長の無神経な一言。
「やっぱりですね」
つまり、議会以外にも公務が飛び込むの意。

自分の子どもの入学式に有給を使う職員に
いやな顔が出来るわけがないが、
有給休暇だと、ノーカウントなのに対して、
欠勤が多いと、自分の勤務評定に関わるからという話。


転勤族などという差別語を使いたくはないが、
ここ熊本のことを、
自分が2,3年でも
お世話になる土地だという意識が薄い人と
きちんと仕事をしたいと思いますか。

熊本の人は、最初冷たいけれど、
心底付き合うと、本当に情に厚いと言われる。

当たり前だ。
明治以来、中央集権の政治的中心地として、
その出先には、多くの官僚が送り込まれていたのだから、
その人がどこまで、本気かを値踏みする術は、
もうしっかり遺伝子レベルの県民性なのだ。





The story of the gene level.

2010年4月 9日 (金)

解体そして構築

解体そして構築
このブログで、何度か取り上げた
水道町交差点の親和銀行跡ビル。
ついに解体されるようだ。
あとに何が出来るか楽しみだが、
こういうのを見ると、世の中に
お金が回り始めたことを感じる。
ここだけそこだけ感というのもあるにはあるが(苦笑)

Only in here only in there feeling.

2010年4月 8日 (木)

上野豊展

上野豊展
熊本市のアートスペース大宝堂で、12日まで。
熊日に上野先生、(68)とあった。
大津高校に来られたときは、30歳位だったのだ。
なんか懐かしい絵と再会した感じ。

2010年4月 7日 (水)

自治会役員会

4月6日 火曜日

平成21年度最後の泉ヶ丘自治会役員会。
総会に向けて、議案書の内容確認。
前年度に比べて、世帯数が微増している。

団地全体としては、開発から約30年。
私ら家族は、入居第2世代だが、
もう第3世代や第4世代も現れているのだろう。
素直に喜びたい。

船場橋参る

船場橋参る
船場町下から、金峰山方面を望むと
奇妙な建造物が…
ものを見る角度、立ち位置により、
ものの見え方も違う、の例え。

2010年4月 5日 (月)

3月26日 午後5時48分

3月26日 午後5時48分
安巳橋から白川下流方面を望む。
「長閑(のどか)」というつもりで撮ったのだが、
ちょっと違うなあ。

会計監査

4月4日 日曜日

午前10時より、公民館にて、
泉ヶ丘自治会の会計監査。
自治会会長と会計さんが出席。

約1時間、帳簿帳票類を照合ほか。

下期は、行事も少ないので、
実際に動くお金も少ない。
特に問題もなく、11時前には
報告書にもう一人の監査役花園さんと
署名捺印して終了。




2010年4月 4日 (日)

お尋ね者龍馬

ほんとうに久しぶりに、
NHKテレビで「龍馬伝」を見た。

さすがに番組タイトルの龍の字は、新聞でも
「竜」に置き換えられないのか。

今回は、第2部の始まりということで、
かなり「力(リキ)」が入っていた。
まるで西部劇なのは、お尋ね者だから(笑

岡田以蔵が、初めて人を殺すシーンの
その映像美。というか、
サウンドを消してしまう大胆さと、
その効果の絶大なこと、驚くばかりなり。
そして、人の命を奪うことのいかに大仕事であることか。
並みの神経では、とても人など殺せないだろうに、
いとも簡単に殺人事件が起きてしまう
現代の世相を風刺するかのよう。
それは、メディアの事件報道の軽さへの
批評でもあるか。




A hunted man.


市民栄誉賞

4月1日木曜日

 藤本貴大(タカヒロ)選手の
 合志市市民栄誉賞授与式に参加。 
       
午後6時より、西合志図書館集会室にて。
新聞等でも報道されたが、
バンクーバーオリンピックに出場した藤本選手の、
2大会連続出場という偉業を称えたもの。
五輪後、3月にも2回、国際大会に出場したとのこと。
物静かな好青年という印象だったが、
内に秘められたパワーに今後への期待を込めて
握手させていただいた。

しっかり、自分が新人議員であることもアピール。
我ながら、抜け目ない。

因みに、この授与式が大住清昭市長の最後の公務。


4月2日金曜日

市選挙管理委員会に
「選挙運動費用収支報告書」を提出。
やっと終わりました。
来年は、その都度整理しておこう。








ヴァージンロード

3月31日 水曜日

平成22年度 第1回議会臨時会出席。
当選後初めての議会。

前日、議会事務局長から議事の進行について、
レクチャーを受けていたが、
誠に「粛々と」という副詞がぴったりだった。
補正予算などだったからである。

私にしてみれば、いずれにせよ、
雰囲気に慣れることと、
居眠りしないことに気を使うばかりであった。

2010年4月 3日 (土)

ウォーキング大会

ウォーキング大会
3月28日 日曜日

合志市教育委員会主催の
平成21年度合志市春ウォーキング大会に
夫婦で、一般参加。

西合志図書館西側のひまわり公園を起点に
弁天山公園をめぐるコース。約8km。
終了後、豚汁あり。

写真は、久しぶりに再開した祖父の胸像。
相変わらず似ていない(笑)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »