2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 増える「ハウジングプア」 | トップページ | 体長がものをいう。 »

2009年12月 6日 (日)

アルカンシェルの彼方に

613yq15ph5l__ss500_

つい最近、アマゾンのマーケットプレイスで、
奇跡的に新品未開封を、定価で買うことが出来た。
元が廉価版で、演奏者やスタッフの文字が読みにくいことは、
我慢しなくちゃ。

ガスというのは、確かスタイリストの川村都さんが
飼っていたイングリッシュ・シープ・ドッグのこと。
なんで、イングリッシュ・シープ・ドッグかというと、
多分、ポール・マッカートニーの愛犬マーサがそうだったから、
だろう。ちなみに、ポールの犬は、
「マーサ・マイ・ディア」という曲で歌われている。

久しぶりに聞くと、
つのだ☆ひろとの和気あいあいとしたスタジオワークが
まさに手に取るように感じられる。
このアルバムから、サディスティック・ミカ・バンドと名乗っていても
全然おかしくないくらいなのだ。
「摩誕樹の木陰」や「アルカンシェル」…
当時聴いてた私自身に、未来が開けていたからなのか、
やっぱり特別な感じがする。

本人が、過去の作品をまとめたりするのが、
嫌いだったみたいなので、
これまで、きちんとした作品集とかボックスが出ていない。
加藤和彦の仕事を、誰かが丁寧に整理して、
未来へと残してほしいものだ。




Over the rainbow.

« 増える「ハウジングプア」 | トップページ | 体長がものをいう。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/46942149

この記事へのトラックバック一覧です: アルカンシェルの彼方に:

« 増える「ハウジングプア」 | トップページ | 体長がものをいう。 »