2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« もうちょっと | トップページ | むすび丸とスザンヌ »

2009年12月26日 (土)

銀座キンカン娘

銀座キンカン娘
銀座キンカン娘
検索したら、キンカン漬けと書いてあるものもあるが、
どちらかというと、キンカン煮かな。
わが家では、もうずいぶん前から、
毎年この時期、妻がこれを作ります。

とにかくキンカンが安くなるのを待つ。
今年は、280円/kgで、5kg買い(それが、
今日は200円になっていて、ショックだったらしい)。

まず、一個ずつへたを取り、水洗いした後、
水気が残らないように拭く。
そして、写真上のように切り込みを入れる。

材料は、キンカン 1kg当たり
食酢1カップ 200CC
砂糖 500グラム(甘いのが好みなら増やす)

1.で、底の平たい鍋に、なるべく重ならないように並べ、
 食酢、砂糖を入れる。
 そして、ぷつぷつ、いいだすまで煮る。

2.煮立ってきたら蓋をして、とろ火で、30分。
 蓋は絶対開けてはいけない。
 開けると、皮が縮んで硬くなる。

3.吹きこぼれそうになったら、鍋を持って軽くゆする。

4.30分経ったら、火を止め、
 涼しい場所で、冷ます。
 もちろん、冷めきるまで、蓋は開けてはいけない。


冬場に限らないが、
喉がちょっと変だなと感じたら、
キンカンの実を2、3個とシロップを少し
湯呑に入れ、お湯を少し注ぐ。
実を食べ、シロップのお湯割りを飲むと、
ま、大抵の喉の調子は良くなるな。

これは、私の処方なので、
それぞれに工夫されるとよいだろう。
手間はかかるけれど、
効能は劇的(個人的に)である。
私が手伝ったのは、キンカンの実を
ふきあげるところだけでしたけど。





Kumquats for your throat.

【おまけ】
サディスティック・ミカ・バンドの
幻の「銀座カンカン娘」ライブ音源が聞ける。
こちら

« もうちょっと | トップページ | むすび丸とスザンヌ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/47120996

この記事へのトラックバック一覧です: 銀座キンカン娘:

« もうちょっと | トップページ | むすび丸とスザンヌ »