2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« サウンドは、すり減らず。 | トップページ | 仕分けは目的議論せず »

2009年12月 9日 (水)

どのように記憶して語るか

高山文彦さんが熊日に連載している「本を歩く」。
11月29日分は、ガルシア・マルケスの自伝について。

私はまったく読んだことがないが、
偉大な作家だということは知っている。

その『生きて、語り伝える』(新潮社)の冒頭に、
こう書かれているとのこと。

「人の生涯とは、
人が何を生きたかよりも、
何を記憶しているか、
どのように記憶して語るかである」

この引用を以って、我田引水は気が引けるが、
まさにこの「晴れ永遠」のために書かれたみたいだ。

ただ、「人が何を生きたか」の部分が、
職業のことなのか、家族関係のことなのか、
何を指すのかが、いまひとつ不明である。

ただし、どのように記憶して語ったにしても
やはり語る内容は、
その人が、何をなしたかによるので、
どういう生き方をしたか、は重要だろう。





I memorize it and tell it.

« サウンドは、すり減らず。 | トップページ | 仕分けは目的議論せず »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/46972340

この記事へのトラックバック一覧です: どのように記憶して語るか:

« サウンドは、すり減らず。 | トップページ | 仕分けは目的議論せず »