2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 誰でも更新制度 | トップページ | 養成課程633制? »

2009年10月13日 (火)

アメリカ下流社会の現実

朝晩涼しくなってきた。
昼間、車の窓を開けると、
金木犀の香りが、鼻をくすぐる。
忘れてかけていた。

ブクログ「読みたい本だな」には、以前入れておいたけど、
『ニッケル・アンド・ダイムド』を西合志図書館で借りてきた。

「(低賃金の)現場に飛び込んで、身をもって体験してみる」
で、1998年にこのプロジェクトはスタートした。
まだ、最初の章を読んだだけだが、
アメリカは、面積的には広大だが、
まともな住居に住むことのむずかしさがよくわかる。
アパートを借りる1月分の家賃と敷金がないために、
1日40ドルから60ドルもホテルに払って、その週暮らし、とか。

アメリカ人が、家を買うことに固執する理由。
それも、低所得層では強迫観念に近いのかもしれない。

親子が同居しないのが当たり前の社会だからか。

この本が、アメリカで出版されたのは、2001年。
これは、同時多発テロや、サブプライム・ローン以前の
アメリカの姿なのだ。


« 誰でも更新制度 | トップページ | 養成課程633制? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/46477783

この記事へのトラックバック一覧です: アメリカ下流社会の現実:

« 誰でも更新制度 | トップページ | 養成課程633制? »