2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« アイドルの死 | トップページ | 緑色の壁 »

2009年10月18日 (日)

加藤和彦作品集

もう何日も加藤和彦氏のことばかり考えているような気がする。
ほんとは、昨日からなんだけれど。

今日は、以前TSUTAYAで借りて、
コピーしていた『加藤和彦作品集』のカセットを聞いた。
残念ながら、すでに廃盤になっているようだ。
『パパ・ヘミングウェイ』に入っていた「メモリーズ」で始まる
このベストアルバムは、加藤氏の初期作品がほとんど。

『パパ・ヘミングウェイ』は、「レイジー・ガール」に
オリジナルにあった佐藤奈々子のヴォーカルが入っていないと、
手厳しい評価。

改めて聞いていると、
物哀しいメロディの曲が多いことに今更ながら気づく。
どれもスケールの大きい、奥行きのある作品なので、
そうと気づかず、心の奥底に響いていたのだ。

うつ病だったということ。
ミカ・バンドの頃の彼とは違う。
「帰ってきたヨッパライ」の頃の彼とも。

心がいつもざわついて、不安で眠れない夜を過ごした
少年の私の心の支えとなった、フォークルの歌。
上質のパロディやギャグを教えてくれたのも、
社会に目を開かせてくれたのも、
加藤和彦と、その仲間たちと、作品だった。




« アイドルの死 | トップページ | 緑色の壁 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

こないだ、ユーミンのコンサートをテレビでやってて、ゲストで出ていました。おおっ、カーネルサンダースの若い頃みたいだ!と思ったことでした。(合掌)

マイケル・ジャクソンのときも思ったけど、こういう終わり方しか出来ないのかもな、とも思います。
これからも、私が生きている限り、彼の歌は、共にあるでしょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/46520158

この記事へのトラックバック一覧です: 加藤和彦作品集:

« アイドルの死 | トップページ | 緑色の壁 »