2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« プラスティック・オノ・バンド | トップページ | ロケハン »

2009年9月27日 (日)

25%

鳩山由紀夫首相が、国連気候変動サミットで、
2020年までの中期目標で、1990年比25%削減を目指すと表明。
ただし、すべての主要排出国が参加する実効性ある
国際的枠組みを構築することが、 わが国の約束の「前提」となる。
とつけ加えることは忘れていない。
ということは、それくらいのことは、オバマが言っても良かったんだろう。
それを日本の首相が言ったことに意味がある。
と言えば言えるんだけれど、 他の主要国がついて来ないから、
日本だけ出来ないもん、と逃げられる。
なんて、茶化してはいけません。
日本だけ、目標達成出来ない可能性もあるし、
総枠でやれなければ、やっぱり温暖化を阻止出来ない。

これまでの日本政府に、
国際的な交渉力があったとは、とても言えないだろう。
それこそ、政官財のなれあいの中では、
決して鍛えられなかったパワーだと思う。
「試される交渉力」(熊日解説記事)と同時に
実際にどういう政策や規制を国内で施すのか。
偉そうなことを書いているので、
国民のひとりとして、どこまで尽力できるか、
私も試されるのだ。




Tried negotiations power.

« プラスティック・オノ・バンド | トップページ | ロケハン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/46329022

この記事へのトラックバック一覧です: 25%:

« プラスティック・オノ・バンド | トップページ | ロケハン »