2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 起死回生。崖っぷちの月9!! | トップページ | 花火 »

2009年8月 4日 (火)

今そこにある危機

「国立メディア芸術総合センター」(仮称)の設立準備委員会で、
漫画家(古めかしい職業名)松本零士さんは、
「とてもうれしいことだ。
未来の人材育成の役割を受け持ってほしい」と発言したと
7月9日の熊日の記事にあった。

しかし、本当に大事なのは、そのあと。
「松本さんは漫画界の現状について
『日本は大国と言われているが
外国の青年も頑張っており、危機に直面している』と指摘。
漫画の原稿やアニメの機材を捨てる人もいる』と述べ、
資料保存施設としての役割も強調した」とのこと。


「日本は大国と言われているが
外国の青年も頑張っており、危機に直面している」ことに、
多分麻生太郎みたいな人は、気づいていない。
もちろん、文化庁にも危機感はないだろう。
驕れるもの久しからずや、に思い至れば、
この「国立メディア芸術総合センター」(仮称)の建設に対する
基本コンセプトと予算がいかに馬鹿げているかがわかる。
ただ、国立漫画喫茶という批判をする人たちも
やはり大馬鹿者という意味では同類である。

設立準備委員会で、建設的な議論が行われることを
期待するが、建設の議論で終わりそうだな。







There is no country continuing as a large country forever.

« 起死回生。崖っぷちの月9!! | トップページ | 花火 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/45835563

この記事へのトラックバック一覧です: 今そこにある危機:

« 起死回生。崖っぷちの月9!! | トップページ | 花火 »