2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 不親切な案内表示 | トップページ | 今そこにある危機 »

2009年8月 3日 (月)

起死回生。崖っぷちの月9!!

さあ、週刊文春がもっとも恐れる!
クンタキンヤの「今井舞ドラマ・メッタ斬り!」をメッタ斬り!

――のつもりであったが、ドラマも夏バテなら、
今井舞も今回は総じておとなしめ。
なにせ、「救命病棟24時」には、敵前逃亡図られて、
「ブザービート~崖っぷちのヒーロー~」は、
月9の王道に回帰しちゃって、
そのありえないストレートさに、ひれ伏すしかないって寸法だ。
バスケが下手などと、瑣末なことに拘泥するしかない、
若造どもは、古き良き月9を知らないから、しようがないぜ。

かくいう私は、きちんと見てないので、
論評する立場にない。
北川景子は、モップガールのとき、
とびきりキュートなコメディエンヌぶりで、さらりと演じていたので、
私のお気に入りだったし、
山下智久も、アミーゴや、プロポーズ大作戦での好演で、
好意的な評価をしておる。
「官僚たちの夏」への冷静な分析は、
私の痛烈な批判が、少しは応えたのではないかと、
勝手に思っている。

今井舞への言及は、コレと、コレ

「ブザービート~崖っぷちのヒーロー~」については、
今日の熊日夕刊の「テレビふぁいる」で
高橋秀実氏も、
奇をてらった設定が目立つ昨今のドラマの中で、
「ショッキングな『事件』や『病気』などなくても、
日常の中にドラマは生まれるのだと
訴えているような気がするのである」と
素直に評価している。

誰もが認めるヒール、相武紗季って、
いちばん儲け役だってことだろう。

同じ週刊文春8月6日号の「近田春夫の考えるヒット」では、
レミオロメンの「Starting Over」を、
デイヴィッド・ボウイーと、ロックへの言及という形で
結構ほめています。
実は、「粉雪」が出来過ぎだったのか、と思っていた私も
この「Starting Over」は、
うーむ、ちょっとシリアスにかっこいいぞ、と
評価していいのかどうか迷っていたのだ。
自分のテイストを信じて、意見を表明することを恐れるな。




believe your taste, and do not be afraid of expressing an opinion.

« 不親切な案内表示 | トップページ | 今そこにある危機 »

晴れた日には永遠が見える」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/45826659

この記事へのトラックバック一覧です: 起死回生。崖っぷちの月9!!:

« 不親切な案内表示 | トップページ | 今そこにある危機 »