2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 中田有紀オフィシャル | トップページ | 淀川長治インタビュー(昨日の続き) »

2009年7月27日 (月)

頭の中は大きなスクリーン

「マネー・ジャパン」という雑誌の、1994(平成6)年11月号に、
淀川長治さんのインタビューが載っている。
そのスクラップを保存していた。

――ビデオというものができてかなり便利になったわけですね。
「そら、やっぱり便利だね。僕ら、小さいワクでも
大きいスクリーンでも変わらないの。
家ん中でビデオ見ててもね、ウン、ウンってわかるのね。
これは大きいスクリーンという気持ちが、
もう頭の中に入ってるからね、
劇場の気持ちで見られるのね、はい」
――専門家の方は必ず劇場で見る、ということでもない。
「それはダメなの。そういう人はキザな人。
そういう人はエリートぶってるの。
小さいとこでもちゃんと大きいだけの感覚がね、
備わっておらないといけない、頭の中にね」

淀川さんのこの言葉は、私の胸に響いた。

でもね。ビデオ(DVD)でさえも、いまや映画をほとんど見ない私は
やっぱりダメでしょうな(苦笑)
(明日に続く)

« 中田有紀オフィシャル | トップページ | 淀川長治インタビュー(昨日の続き) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/45759007

この記事へのトラックバック一覧です: 頭の中は大きなスクリーン:

« 中田有紀オフィシャル | トップページ | 淀川長治インタビュー(昨日の続き) »