2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« バースデイ・バイ・デイ | トップページ | 武士は死んでもなおらない »

2009年6月 4日 (木)

「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」

今日6月4日の朝日新聞「私の視点」は4本立て。
滋賀県知事の嘉田由紀子さんは「温暖化対策」について書いている。
静かだけれど、力強い文章です。

「この問題は、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が示した
温暖化リスクを認めるかどうか、というわかりやすい議論から出発すべきだ」

「温暖化問題の本質は、地球の危機を回避し、
世界の子どもたちの未来への安心を埋め込みたいという
価値観、倫理観に基づいた地球規模での政治的決断だ。
『できるかできないか』ではなく『やるかやらないか』だ」

「やるかやらないか」に、6つも選択肢を用意すること自体、
「やりたくない」の表明だと私は思う。




« バースデイ・バイ・デイ | トップページ | 武士は死んでもなおらない »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/45235628

この記事へのトラックバック一覧です: 「できるかできないか」ではなく「やるかやらないか」:

« バースデイ・バイ・デイ | トップページ | 武士は死んでもなおらない »