2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

untitled

読みたい本だな

  • 読みたい本だな
無料ブログはココログ

« 六月危機 | トップページ | エコバッグ課税 »

2009年6月24日 (水)

ウェル・オン・ザ・ウェイ

村上春樹を好きになったのは、
彼の書くエッセイのクールで、ちょっとひねた感じが
ぴったりなじんだからだ。
今みたいに小説家として有名になっても、
「村上朝日堂」みたいな軽い読み物を雑誌に連載していたけれど、
あるとき、「エッセイを引き受けると、
一日中ネタを探していなければいけない。
自分は小説家だから、小説を書くのが仕事だ。
エッセイの仕事はもうやらない(大意)」と宣言した。
そのときは、結構がっかりした記憶があるが、
かわりに自分で書こうと思って始めたのが、
この「晴れ永遠」だ。

なんて、もっともらしい嘘をつくのが「村上流」(笑)

世界中で、ムラカミハルキが読まれる理由のひとつに、
もともと文体が翻訳調だったことが挙げられると思う。
ま、誰かが書いているだろうけれど、
他国語に翻訳しやすいということは、
作者の意図を、ストレートに伝えやすかったのではないか。
ということは、ムラカミハルキの書きたいことが、
やはり世界中の人の心をつかんだということか。

細野晴臣が以前唱えていた、
人間の潜在意識に届くのが、ポップスであり、
世界中の人に共通に受ける音楽にはそれがあるという説。
村上春樹の小説もそういうものか。
彼の作った登場人物も、よく井戸の中に降りていくし(笑



« 六月危機 | トップページ | エコバッグ課税 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148347/45442414

この記事へのトラックバック一覧です: ウェル・オン・ザ・ウェイ:

« 六月危機 | トップページ | エコバッグ課税 »